機器の仕様に関する注意点

防犯カメラ、監視カメラ等の激安専門店【通販NET】
  1. 防犯カメラの激安専門店「通販NET」TOP
  2. 機器の仕様に関する注意点


機器の仕様に関する
コメント
        

 注意:弊社の監視カメラやハウジングやダミーカメラその他金具や 全商品の設置取り付けに関しまして・・・・
(取り付けネジが付属されてた場合は取り付け場所によっては充分な強度を保証されるものでは有りません)
  取り付け場所や材質を考慮され脱落事故が無いように
市販の充分な強度と耐久性が有る適切な
取り付けネジ(アンカーボルト)等を
ご使用ください,また感電事故を招かないような設置と耐久性有る絶縁防水工事を行ってください


(1)従来のアナログ専用DVRは
  アナログ映像信号出力のバラツキが有っても機器が補正しカラーで表示してましたが

  DVR(信号:AHD/AHD-H)アナログ兼用DVR録画機は仕様上カラーを認識するしきい値等の影響により
  一部の アナログ27万画素や48万画素52万画素カメラ接続の際
  極まれに画像が白黒画像になる場合が有りますが  機器の異常では有りません
  ,(カラーアナログ信号レベルのバラツキでカラーになる場合も有ります)
  映像アンプを途中入れますと改善しますが明るさがupします
  

(2)
IR ON(赤外線照射ONの時)にIR対応カメラの最低照度0LUXの仕様表記は当然のことです。
 重要なことはIR OFF(赤外線照射照射OFF時)の最低照度(最低被写体照度)LUXで
 より少ないLUX数値(+赤外線照射能力)に比例して高感度(高価格)となり夜間明るく広範囲に鮮明に映ります
 (人の目の最低照度感度は約1〜2LUX程度です)



(注意)日本国内で利用可能な映像信号はNTSC方式で画素数(Pixel)は下記の通りです
総画素数27万画素(534Hx508V)Pixel=有効画素数25万画素( 510Hx492V)Pixel
総画素数41万画素(811Hx508V)Pixel=有効画素数38万画素( 771Hx492Vor768Hx494V)Pixel
総画素数52万画素(1020Hx508V)Pixel=有効画素数48万画素( 976Hx494V)Pixel
他にメガピクセルで1.3(130万画素)/2.1(200万画素)/etc

*ちなみに海外仕様の下記PAL信号は日本国内では利用使用されません
29万画素(500Hx582V)Pixel/47万画素(795Hx596V)Pixel/56万画素(976Hx582V)

        
         ●弊社取り扱いの全ての監視カメラは弊社にて全て検査してますが
          工業用カメラと異なり微細なドットノイズ,ドット欠けに付きましては許容範囲内と致してます。
        ●CCDイメージセンサーは、自然界の宇宙線被爆(特に空輸)によるダメージで
         発生率にも異なりますが まれに微細な小さい白いドットかけが発生する場合が有りますが、
         日本の大手CCDイメージセンサー製造元の方針は保証対象外となってますのでご了承下さい。

        ●付属しているACアダプターの線を途中切断したり商品の改造は絶対に行わないで下さい,改造は保障対象外となります

        ●弊社のCCDカメラの心臓部であるイメージセンサーはSONY/松下(パナソニック)/シャープ/製
                           画質が良く高品位なカメラです
        ●弊社の全ての商品は日本国内仕様(NTSC/EIA/AC100V他)となってますので海外仕様では正常に動作しませんのでご了承下さい
        
        ●一般に販売されてますマイク内蔵のカメラは集音力は弱く、弊社のアンプ内蔵のマイクユニットを併用される事をお勧めします

        ●レンズの表示にてたとえば、f=8mmや(8m/m)はイメ−ジセンサ-とレンズ間の焦点距離です。


        ●レンズの焦点距離(f)と撮影範囲について(自動計算式)クリック(手動計算式)
        
        レンズの焦点距離に対する実際の見え方(参考例)について(80kB)。←クリック

        CCDカメラの最低照度(LUX)による見え方について(50kB)。←クリック

        例えば最低照度が1LUXのカメラと0.5LUXのカメラでは明るさが大幅に異なり価格も大幅に異なります
        最低照度が低いカメラほど被写体の影の部分(黒く塗りつぶした部分)がより写ります
      ●CCD素子やレンズ表面の極微細な不純物等がピントが合ってない場合 
        ピント調整途中に映り込む場合がありますが製品の異常ではありません


      注意・・赤外線照射LED内蔵カメラは、より広角レンズや被写体が黒く暗いほど,
              自ら発したLEDの反射光が多く映り込みますが異常では有りません

            CCD(CMOS)イメージセンサーの最低照度がより低く高感度なカメラや
               また,カメラの前面ガラスが1枚のタイプにおいては
               カメラから照射した赤外線LED(白丸)やLED光(雲状で白ドーナツ状光)が
               ガラスの断面方向にジグザグに反射し回り込み 映像へ映りこむ現象が出ます、
               この現象は構造上,避け様が無い現象で異常では有りません
               真っ暗で白っぽい被写体が少ない環境の場合はカメラは自動で最も高感度になる様に
               アイリスやシャッタースピードを自動調整します、この状況の時に最も映り込み現象が多く発生します
               照射赤外線が白っぽい被写体に多く反射したり,若干の照度が有る場合は環境により
               カメラから照射した赤外線LED(白丸)やLED光(雲状で白ドーナツ状光)の回り込み現象が減少します

               (尚、レンズ部セパレート構造カメラは殆どこの現象が有りません)

       ●F=1.2,F=2.0の表示はレンズの明るさの表示で少ないほど口径が大きいほど、明るいレンズです。
         レンズの明るさや絞り値を示す数値で、レンズの焦点距離をレンズの有効口径(入射瞳の直径)で割った数値です。


       ●全てのCCD/CMOSカメラ等は被写体がきめ細かい縞模様や極小さいデコボコ面を映した場合
        まれに、縞模様や異種の色が映り込む場合も有りますがカメラ異常では有りません

      (一般のTV放送画面で細かい縞模様の洋服等に虹色が映り込む現象と同じです)
      
       ●CCDやCMOSカメラの映像出力は全てアナログ信号です、よって録画機はアナログ映像入力で
            AVジャック(RCAJ)端子が必要です
         注意・・小型のCMOSカメラは信号レベルが低い為,デッキへ接続録画は使用出来ません(TV接続使用可)
                          やむ終えない場合を除きCMOSより高画質なCCDをお勧めします
          ハンディカム等での録画の際、付いてない場合はご購入先へお問い合わせ下さい


        ●弊社の商品はメーカー及び弊社で性能品質向上改善のため予告なく
                   一部形状や仕様が改良変更される事が有りますのでご了承下さい。


        ●弊社はお客様のご使用用途に適した機器を幅広く取り揃え、且つ次々と高性能な商品が入荷しております 。
         セット商品での販売は性能と価格が非効率で無駄やお客様が満足出来ない場合が多い為、
         弊社では,セット販売は控えております
         用途に適した性能と価格のバランスが取れた各々の商品組み合わせのご選択は、
         使用目的に効果的なシステムを構築する上で重要と思われます。


        
カメラの電源線(ヨリ線)サイズと有効距離の関係(概略)
供給電圧/電線径 0.3mu 0.75mu 1.25mu
DC12V 50m 90m 180m
DC13V 80m 160m 300m
DC14V 120m 230m 420m
DC15V 150m 300m 540m


カメラのファンクション切り替えスイッチについて
切り替えスイッチ 機能について
     BLC  太陽や強い光が画面に入る場合の逆光を補正します。
     AE  マニュアルレンズを使用する場合は、AE側にします。
     AI  オートアイリスレンズを使用する場合は、AI側にします。
ALC
(AES/ALC)
入力光の変化に対して映像出力レベルを一定範囲に制御するレベル範囲
AWB/ATW (ホワイトバランス)カラーカメラで白色を正確に補正する機能
AGC (オートゲインコントロール)映像信号レベルの強弱を自動補正し
一定レベルに自動利得調整する機能
FL  50Hz地域でフリッカーレスモードにする場合に使用しチラツキを軽減します。
1/100secにシャッタースピードを固定しますのでアイリスのみで明暗調整を行います
  DSS
(デジタルスローシャッター方式)
 電子感度アップ(sens-up)/
スターライト/スローシャッター機能/画像蓄積式蓄光式 
等々色々な名称が有りますが
低照度な割りに比較的価格が安く、
被写体があまり動か無い夜間広い風景をカラーで写す場合は適してます、
しかし、動いている被写体は 倍率を上げますと映像が尾を引いた様に流れます
MIRROR ミラー機能で左右もしくは上下逆転表示機能
S/N SN比でSは信号(映像信号)、
Nはノイズレベルで数値が多いほどノイズが少ない信号です 単位はdB
ZOOM  映像拡大ズーム機能
     VIDEO  ビデオドライブのレンズを使用する場合。
     DC  DCドライブのレンズを使用する場合。



        


●取り扱いの監視カメラは絶対に太陽に向けないで設置下さい
          カメラ内部のイメージセンサーの破損故障の原因となり、 保証の対象外とみなしますのでご了承下さい。


●CS/Cマウントについて・・・(T社例)CSマウントは焦点距離が12.5mmでCマウントは17.5mmですので
          CSマウントのカメラでCマウントのレンズ使用の場合はCS-Cリングが必要となります。

ほとんどのカメラはお手持ちのTVやビデオデッキで録画可能です(但し、アナログ信号入力です、デジタルは不可)

●イメージセンサーとは画像素子の事を言い、主にCCDやCMOSの事を言います。
          CCDカメラやCMOSカメラには1/2CCDや1/3CMOSなどの表記はイメージセンサーのサイズを表しています。

●水平解像度とはカメラ等で水平方向がどれくらい再現出来るのかを表します。

●シャッタースピードとは数値の値がおおければ、暗い所〜明るい所まで幅広く対応出来ると言う事になります。
          またカメラの種類によっては任意でシャッタースピードを切り替える事も可能です。

(夜間に出来るだけ鮮明に映す必要が有る場合は白黒暗視カメラが最も優れてます、また周囲が完全に暗い場合は赤外線照射器との併用をお勧めします)
赤外線照射器とカメラが一体のカメラの場合は人の顔が真っ白に映りやすいですが、赤外線照射器とカメラの位置を離す事で,より立体的に映ります

●S/Nとはシグナル(信号)レベルとノイズ(雑音)レベルを表し、この数値が高ければノイズが少ない事を表します。
          表現単位はdBで表します。

●ガンマ補正とは自然なコントラストを得る為に、ブラウン管が持っている発光特性の非直線性をカメラ側で行う補正の事です。

●コンポジット信号とは輝度,色信号カラーバースト信号,水平垂直信号を1個に合成した複合信号の事です。

●AGC(オートマチックゲインコントロール)とはある一定の強力なレベル信号が入って来た場合に、
          ゲインを制御し信号飽和を防ぎ、微弱なレベル信号の場合は一定のレベルまで信号を上げそのレベルを保つ働きするものです。

●レンズ( f = )とは数値が小さければ広角になり、また数値が大きければ逆に望遠になります。

オ−トアイリス・・逆行やまぶしい屋外でも薄暗い所でも絞りを自動調整します
                   屋外や室内から屋外を映す逆行時にはオートアイリス機能付きのカメラをお勧めします。
                   (明暗が激しく変化する場所に必要です)室内のみでしたらほぼ必要有りません。

注意・・オートアイリスレンズ購入時のご注意点
              オートアイリスのカメラには
VIDEO(ビデオ駆動タイプ)とDC駆動タイプの2種が有りますので
              VIDEOかDCタイプをご確認の上お選び下さい
              尚、オートアイリスで無いマニュアルレンズタイプは当社の殆どのカメラに合いますが
                 ご購入の際はお問い合わせ下さい

注意・・当社の全ての電波を発信する機器は厳密にはアマチュア無線(4級)の免許が必要となります
        
監視カメラで表示されてます,LUX(ルクス)は人の目で見た明るさがほぼ1LUXとしますと
         0.1LUXでは人の目の10倍の
高感度となります。

暗い所を見る監視カメラは高感度で格安な白黒カメラをおすすめします。まったく真っ暗であれば
         さまざまな距離を照射する赤外線照射も有ります。
         店内とかの充分照明が確保される個所は白黒カラ−どちらでもかまいません。
        
当社の製品において
         最低照度0.1〜0.2LUX白黒カメラで例えば赤外線照射TF-9039(44931)や
         センサーライト(LP-2200/150W)照射で映しますと、
         約20m先迄見れます。

●被写体深度とはピントが合う範囲のことで、レンズのf値(焦点距離)、絞り、撮影距離で異なり
          f値と絞り値が同じで撮影範囲が大きくなるほど被写体焦点深度は深くなる
          f値と撮影距離が同じなら絞り値が大きくなるほど被写体焦点深度は深くなる
          撮影距離と絞り値が同じなら焦点距離が短いほど被写体焦点深度は深くなる

●最低照度2LUXカラーカメラで例えばセンサーライト(LP-2200/150W)で映しますと、
         約20m先迄、 センサーライト(LP-2300/300W)では約30m先迄見れます。

         尚、
通常のカラーカメラでは赤外線照射を使用しても映りません,白黒カメラのみ有効です。
         最低照度は低いほど暗い場所でも撮影が可能となります

50Hz地区での蛍光灯下ではフリッカ現象(まばたき)が起こる可能性もあります、白熱灯やインバータ蛍光灯はOKです
         
映像上の動体感知モーションデテクター機能使用時は50Hz地区でのチラツキ(フリッカー)が有るカメラをご使用時は
           蛍光灯下の被写体は誤動作する場合も有ります、チラツキが少ない方向へカメラを向けるか動体感知の感度調整してご使用下さい
           どうしても蛍光灯のみの照明でチラツキが
出る場合はフリッカーレス機能内蔵カメラをご使用下さい

画素数は画面の粗さですが25万画素以上有れば一般監視には充分と思われますが、より鮮明な画質で38〜41万画素も御座います。
          ただし、画素数が少なくても画像を処理する基盤の性能が高性能であれば画質は良くなります。

カメラ画角はカメラから見た見える範囲です(広ければその分物体は小さく,狭ければ大きく写ります)
           表示はモニターの斜め角の対角か上下左右角です

カメラのモニタ-はほとんど映像,音声出力端子が付いてますお手持ちのテレビやビデオ入力に接続出来ます,
                 (SONY製のブラウン管TVがベストです)

●カメラの仕様で
防滴構造とは鉛直(上)から約15度の範囲で落ちてくる水滴によってカメラに害がない条件下でご使用出来ます。
         
          
防水構造カメラとはいかなる方向からの水の直接噴流を受けても内部に水が入らないものです
              又、カメラにより定められた条件下で水中に没しても内部に水が入らない仕様も有ります。

                 (JIS規格電気機械器具の防水試験及び固形物の進入に対する保護等級(JIS C 0920-1993による)

HP記載の防滴,防雨,防水仕様範囲外での故障の際は保証対象外となります
HP記載の使用温度範囲(周囲環境温度)内でご使用下さい、範囲外(通風が悪い環境)での故障の際は保証対象外となります
過剰な振動環境での機器の使用は出来ませんので振動や衝撃環境下での故障の際は保証対象外となります
1台のモニタ-で4〜8画面同時に見たり(分割器)や,自動/手動で画面が次々と切り替わる(スイッチャー)タイプも有ります。
        
●各種熱(赤外線)センサーはガラスや透明プラスチックを通しませんので隔てますと感知しませんが、モーション感知(動く物に感知)タイプは
                  間に有っても関係無く感知します。

海外での使用注意事項・・日米以外の国では映像信号の方式が違いますのでTVやVTRにつないでも映りません。
         (白黒)日米→EIA方式  他国→CCIR方式
         (カラ−)日米→NTSC方式  他国→PAL方式

他国にてご使用の場合は日本製のTV,VTR機を持参下さい。  

日本で品質管理された商品をそろえてますので殆どの商品は保証書付きでアフタ−の面でも安心して御使用頂けます。      


 
防犯カメラ、監視カメラ等の激安専門店【通販NET】
Copyright(c)防犯カメラの激安専門店「通販NET」 All Rights Reserved.